幼稚園/保育園の「自園給食」なら富喜屋(ふきや)

株式会社富喜屋(ふきや)

自園給食サービス

  1. 委託給食、自園給食の富喜屋(ふきや)トップページ
  2. 自園給食サービス

自園給食サービスのご案内

日本全国、15食からご対応

「富喜屋」の「自園給食(委託給食)」は、園内・学校内に調理施設をつくり、その場所で当社の専属スタッフが多彩な献立をおつくりします。
つくりたての温かい給食を食べられるだけではなく、園内にひろがる「やわらかなお出汁」や「焼き立てのお魚」の香ばしい香り、トントンと響く包丁の音を子供たちは五感で感じることができます。 子どもたちは、お昼が待ち遠しくなります。

当社では23品目のアレルゲンを除去できる「アレルギー給食」で、多様な園児さまの受け入れをサポートしておりますので、アレルギーを持つ子どもたちも安心して給食を楽しめます。

自園給食でこんなことができます

1│できたて「アツアツの給食」が食べられます

自園給食になってから「本当に良く食べるようになった」「おかわりが増えました」というお声をたくさんいただいています。
自園給食は、お子さんひとり一人に適切な量を配膳できますので、子どもたちは完食できた喜びで食べることに自信を持つことができます。

2│さまざまなお野菜をたくさん食べられます

お野菜たっぷりの「スープやお味噌汁」、「五目ラーメンなどの麺類」、「中華丼などの丼もの」、サラダ、炒めもの、煮物、和え物などで、旬のおいしい野菜を無理なくおいしく食べられるようになります。
たくさんのレシピで、子どもたちの「食体験を広げる」とともに、「野菜が食べられた!」という小さな成功体験を積み重ねます。

3│四季折々の「行事食」をご提供します

ひな祭りは「ちらし寿司」、七夕には「七夕そうめん」、収穫の秋には「栗ご飯」、冬至には「かぼちゃの煮物」など、四季折々の行事食を楽しみながらいただくことで、日本の素晴らしい「食文化」を体験します。

4│子どもたちの生育にあわせた食育プログラムが開催できます

「厚生労働省」の指針に基づいた「料理」「健康」「いのちの育ち」「人間関係」「文化」の5つのアプローチで、子どもたちの育ちにあわせた食育プログラムをご提案します。

「料理プログラム」では、子どもたちにそら豆やえんどう豆のさやだしをしてもらい、給食で豆ごはんを食べる体験をするなど、五感を通して食材への興味・料理への関心を引き出します。

5│離乳食をご提供できます

0歳児からの離乳食にご対応します。
お粥、野菜ペーストなど離乳食初期から、中期・後期の子どもたちまで、成長に合わせた離乳食をご提供しています。

「自園給食」とは?

自園給食とは、園内・学校内に給食調理施設をつくりそこで給食会社の専属スタッフが給食を調理する方法で、「自園調理給食」「自校調理方式」ともいいます。

自園給食では、八百屋さんやお肉屋さん、魚屋さんから毎日届く新鮮な食材をつかって、園の子どもたちのために給食をおつくりします。
ですから、つくりたての温かい給食を食べることが出来るだけでなく、園内にひろがるお出汁の香りやトントンと響く包丁の音、焼き立てのお魚の香ばしい香りを、子供たちは五感を通じて感じる事ができます。


ご相談、お問い合わせメールでのお問い合わせ

ページTOPへ